<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

風布の里は北限のみかん畑が広がる里山です。
埼玉育ちのボクはここに北限のみかん畑があることは知ってましたが、実際に行ったのは記憶にある限りでは初めてだと思うのだけど、もしかしたら子供の頃みかん狩りに行ったかもしれない。
この土地が風布なんて風情のある名前であることは今回初めて知りました。
ここも日本の里100選に選ばれた名所なので、しばらく散策してみました。
まだ寒い時期なので訪れる人はまばらでしたが、梅の季節からしばらくは結構な人手になりそうな感じです。
今は丁度蝋梅の季節。
長瀞・宝登山の蝋梅は有名ですが、ここの蝋梅もなかなか見事な姿でした。

f0106202_0224633.jpg


※このところ、ブログタイトルをコロコロ変えてましたが、しばらくこれで落ち着きそうです。
 これならなんとなく今の気分にあってるかな・・・と。。

撮影 : 2008-1-25 埼玉県寄居町・風布の里

more
[PR]
埼玉の実家に顔を出したついでに寄居の風布の里に向かってみた。
途中、クルマのガソリン補給に立寄ったスタンドで洗車が安かったのでガス補給と一緒に洗車。
よくある遊び写真を撮ってしまった。

f0106202_0122267.jpg


撮影 : 2009-1-25 埼玉県小川町
[PR]
八王子から奥多摩方面に向かう細く曲がりくねった陣馬街道の向こう側には小さなお茶畑が広がる谷間の集落があります。
ここが日本の里100選に選ばれた佐野川地区です。
こんなところにこんなにきれいな山里があるとは知りませんでした。
でもとても小さな集落で、メインの陣馬街道以外はボクのクルマ(レガシィ)では入っていけないほど。
来た道を戻るために数百mもバックするハメになってしまいました。
ココを取材するにはカブが合っていそうです。1台ほしいな。(笑)

f0106202_21441597.jpg
カブが似合いそうでしょ。

撮影 : 2009-1-24 神奈川県藤野町・佐野川地区

More
[PR]
いつも常宿にさせていただいている三省コミュニティ施設。
廃校になった古い木造小学校を改装した宿泊施設で、安い価格で清潔な夜を過ごせます。

f0106202_0451544.jpg
夜の鳥追い撮影を終え、冷えた体に暖かな明かりが嬉しい宿でした。

f0106202_0454181.jpg
小正月の特別メニューでごっつぉ(ごちそう)を堪能させていただきました。
おつまみで持ち込んだシュウマイを一緒に入れたのですが、なかなかどうして美味しかった!

f0106202_04672.jpg
この夜、日本の里100選のTV番組が始まり、初回放送がここ松之山・松代地区でした。
地域を紹介すると言うことがこういうことかと、写真にとっても勉強になりました。
みんなで勉強中の様子です。


(松之山の小正月は今回で終わりです)

撮影 : 2009-1-11 新潟県十日町市・松之山地区
[PR]
引き続き雪の松之山を。
この冬、もう一度訪れたいものです。
だけどタイヤがね・・・夏用なんです。

f0106202_23214534.jpg


f0106202_2322552.jpg


撮影 : 2009-1-12 新潟県十日町市・松之山地区
[PR]
雪国なのだから雪景色を撮るぞ!とばかりに写しも写したり270枚!
生き残ったのはおよそ1割の20枚程度。
しかもこんなレベルです・・・(泣)

f0106202_22191224.jpg


撮影 : 2009-1-11 新潟県十日町市・松之山地区

More
[PR]
この子達にとって何気ないお正月の行事なのだとしても、こうやって子供たちに地域の将来が託され、世代が受け継がれるのだと思った。
将来、懐かしく思い出し、そしてさらに未来を受け継ぐ世代に伝えるのでしょう。

f0106202_1514206.jpg



撮影 : 2009-1-11 新潟県十日町市・松之山地区
[PR]
鳥追いとは害鳥を松明の煙で追い払う行事。
10年以上途切れていた小正月の行事を去年から復活させたそうだ。
子供たちが 「あーらんどーり へんどーり 天竺まーで 立ち上がれ ホーイホイ」 と歌いながら集落の家々を回ってお菓子をもらう。

とは言えここは山奥の過疎地域。
地元の子は5人くらいしかいないので、東京からのツアー客の子供たちが参加してなりたっている。
手にするのは松明ではなく提灯。
余所者のボクにとっては提灯でも風情を感じるが、地元の人はかつてと同様に松明で行いたいんじゃないかな?

f0106202_1184139.jpg


撮影 : 2009-1-11 新潟県十日町市・松之山地区

More
[PR]
今回初めて真冬の豪雪地帯に行くということで、もっとも期待していたのがつららでした。
この日は晴れ間も除き、地元の人にとっては大したことのないつららなのでしょうが、僕にとっては見ごたえ十分。
写真を撮ったところのすぐ脇の坂道では、地元の親子がクロスカントリースキーの練習をしていました。
そういうところにも雪国らしさを感じます。

f0106202_11544181.jpg


撮影 : 2009-1-11 新潟県十日町市・松之山地区
[PR]
松之山の棚田は美しい曲線を描くところが魅力ですが、直線状の畝を持つ棚田も雪をかぶると絵になります。
この日は穏やかな晴れ間の朝に始まり、どんど焼きの終盤から雪がちらつき始め、みかん撒きも終えて宿に戻ろうとする頃には雪が本格化。
宿での休憩中に吹雪になり、あきらめて帰ろうと言う頃には晴れると言っためまぐるしい天候でした。
これも日本海側の冬なんでしょう。

f0106202_22332958.jpg



撮影 : 2009-1-12 新潟県十日町市・松之山地区
[PR]